アドサーバーとは?

インターネットをお使いの方なら、1日に一回はYahoo!ニュースをチェックするでしょう。
ニュースをチェックしている時、サイトの右上に広告が表示されているのをご存知でしょうか。

誰もが一度は目にしたことのある右上の画像広告。
あの広告は「バナー広告」と呼ばれ、インターネットユーザーがWebサイトに訪れた際に瞬時に表示されているのです。

WebサイトのURLにユーザーがアクセスすると、Webサイトのソースコードが読み込まれ、
「この内容を表示しなさい」というリクエスト内容が送られます。そしてリクエストに応じた内容が送り返され、ページ上に表示されるのです。
それではリクエストはどこに送られ、どこから送り返されてくるのか?
それが「サーバー」と呼ばれるものです。

サーバーには、Webサイトに表示する「情報」が格納されています。
格納された情報の中から、Webサイトが呼び出されリクエストが発生する度に情報を分別して瞬時に送り返しています。
その間、0.00・・・秒。ユーザーは一瞬でサーバーにリクエストが送られ、
内容が送り返されていることなど気づきもしないでしょう。

サーバーの種類は主に2つあり、
ニュース記事などWebサイトの情報コンテンツを送るサーバーは「コンテンツサーバー」と呼ばれています。
そして右上の広告を送るサーバーを「アドサーバー(=広告サーバー)」と呼びます。

アド(AD)=広告。広告を送るサーバーなのでアドサーバーと呼ばれています。

アドサーバーの役割と仕組み

Webサイトを運営しているメディア会社は、コンテンツサーバーとアドサーバーを保持して、
自社サイトにユーザーが訪れた際にコンテンツと広告を同時に配信しています。

広告が表示されるということは、そのメディアに広告を表示したい広告主がいます。
メディア会社は、自社のメディアを広告媒体として広告会社や広告主に販売しています。
新聞広告などと同様、自社のメディアに広告枠を設けて販売しているのです。

新聞は発行部数や掲載する日によって広告掲載料金が決定します。
Webサイトも同様、広告が配信されるボリューム(量)や掲載される期間によって料金が決まります。

そして、Webサイトは新聞等と異なり「クリック」することができます。
バナー広告はクリックされた回数に応じて広告主からお金を頂く課金体型も存在します。

アドサーバーの機能

アドサーバーも機能によって出来ることと出来ないことがあります。

ユーザーがWebサイトに訪れた際、右上の広告表示領域に指定されたバナーを送る、
これは基本的な機能です。

最近では、Webサイトのコンテンツ内容に合わせて、そのコンテンツを関連がありそうな広告を配信する仕組みもあります。
例えば、自動車関連の記事を読んでいたら自動車の広告が表示されていた、なんて経験ありませんか?
これはアドサーバーがコンテンツの内容を記事テキストや画像で判別し、それに応じた広告を配信するという機能で対応しています。

また、そのユーザーが興味がありそうな広告を出し続ける、という機能もあります。
とあるWebサイトに訪問したら、暫くの期間、ネットサーフィン中に訪問済みのWebサイトに関連する広告が表示され続けたという方もいるでしょう。
「このWebサイトに訪問した」という履歴がブラウザのcookieに書き込まれ、そのcookieをアドサーバーが読み取りして、
「このcookieにはこのWebサイトに関連する広告を配信する」と判別して広告を配信しているのです。
これは「リターゲティング」と呼ばれる広告配信機能です。

更に、Webサイトに訪問したら、右上も右下も上部も同じ広告主のバナーが表示されていた、
また、バナーにマウスを置いたら急にバナーが広がって動画が流れ始めた、という経験はありませんか?
こちらもアドサーバーの特殊機能です。

高機能なアドサーバーは、同じページの複数領域にいくつも広告を配信したり、
また逆に同じページには同じ広告を配信しないように制御する仕組みを搭載しています。
大容量と呼ばれる、動画などをバナー内で配信する機能を持っているものもあります。

アドサーバーの導入

アドサーバーはメディア運営会社が自社で開発することもありますが、
それなりに高機能なものを開発しようとすると費用も大型になってしまうため
インターネット広告を生業にしている企業が開発したものをASP型で提供を受けているケースも多いです。

安価なアドサーバーだと、きちんとリクエストが送り返せなく広告配信されていなかった、
また想定していたより広告配信量が少なく広告主様と問題になってしまった、というようなトラブルも見受けられます。

個人で運営し、お小遣い稼ぎ程度の広告収入で良ければ安価なアドサーバーでも問題ないですが、
訪問者の多いメディアで広告販売が事業として成り立つくらいの規模のサイトであれば、
高機能なアドサーバーを選択するべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今月はGoogle AdSense で広告を配信しています。