運営元

株式会社mediba

特徴・強み

■優良広告主が出稿
KDDIを始めとする優良広告主が出稿しているため、運用が安心・安全。
■マルチデバイス対応
スマートフォンだけでなく、タブレットでも広告収益化が可能。

対象デバイス

スマートフォン/タブレット/PC

登録方法

サービスサイトより申し込み(コンテンツ内容審査あり)

連携ネットワーク

ScaleOut
FreakOut
nend
i-mobile
INMOBI
mediba ad
AdLantis
AMoAd
asterisk
※2014年1月現在

DMP連携有無

あり

広告掲載可否

業種拒否設定可

配信可能なクリエイティブの種類

320×50

320×100

320×250

320×80

320×50(アイコン型)
リッチメディア広告

レポート出力項目

広告枠ごとに表示回数/クリック数/CTR/収益を一覧表示
日別レポート、DSP別レポート、ネットワーク別レポート

SDK導入手順

■Android
1. JARファイルのインストール
GithubからSDKをダウンロードする
libsディレクトリをプロジェクト内に作成 [^1]
libsディレクトリにダウンロードしたSDKをコピーする
2. AndroidManifest.xmlの設定
permissionの設定
Activityの設定
3. ADGクラスの実装
ADGクラスのインスタンスを生成
LocationIDをセット
AdFrameSizeをセット
startメソッドを呼び出す
4.設定項目
locationId
(管理画面から発行されたIDを設定します。)
adListener
adBackGroundColor
adFrameSize

■iOS
1.SDKインストール
GithubからSDKをダウンロードする
2.frameworkを追加
3.広告枠の設定
ヘッダーファイル
1.広告を表示するViewやViewController等のヘッダーファイル内でADGManagerViewController.hをインポート
2.ADGManagerViewController型の変数を宣言
3.プロパティの宣言
クラスファイル
1.@synthesizeを宣言
2.広告枠の用意
3.広告リクエスト
4.インスタンスのメモリ解放

サービス沿革

2011年3月サービス提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今月はGoogle AdSense で広告を配信しています。

 コメントする